BLOG

South Africa Jeffrey’s Bay SuperTubes Ⅳ

BLOG

波の来る間隔を読み波が過ぎ去ったタイミングで岩場から

海に向かって飛び込み 全力で沖に向かってパドルする

沖からは頭半以上の波が押し寄せてくる 頭半サイズの波といったら

日本では台風の時くらいである。

あんなのに飲み込まれたら、今飛び込んだインサイドの岩場にたたき付けられ

大怪我する。。

必死にパドルアウトして今にも崩れそうな大波をかいくぐり、

沖のみんなが波待ちしている場所までたどり着いた

こっちの必死感とは うらはらに沖で波待ちしているローカルサーファー達はリラックスして

楽しんでいる模様 その数約15名程度

見た感じ いつもいるであろうレジェンドサーファーのおじさん(50過ぎなのにすごくうまいのできっと有名な元プロサーファーであろう)

地元の10代のレディースサーファー(多分プロかトップアマ)

7月に開催されるWCTコロナJ-BAYオープンの先行会に地元枠での出場枠をめざして

修行している若い子達

海外から雑誌?DVD?撮影クルー連れてきている欧米人の若いプロ達

みんなとニコニコ世間話している60過ぎの太ったおじさん(おじいさん?)

自分と同じ様に世界中からきているトラベラーズサーファー達

みんな波を待っている間、ボードにまたがって世間話をしていて

ユッタリ。。

日本では100人くらいで小さな波を 怖い顔して取り合ってきた自分には

考えられない世界だった。

 

波はなんとなく順番でキャッチして乗っていく

さすがにみんな上手い!世界最高峰のポイントだけのことはある

さっきの太ったおじいさん?が遠く インサイドからパドルで戻ってくる

相変わらず表情はニッコニコで 初対面の僕に「サイコーだったよ!3回当て込んだよ!」

おじいさんの板はショートボードの先のとんがった じいさんらしからぬ板に乗っている

日本でショートボード乗っているおじさんって ちょっと頑張ってるおじさん感あるんだけど

(僕もそうですww)

こっちじゃこんな普通のじいさんがフツーに乗りこなしちゃってる

う~ん恐るべしJ-BAY

向かいのホテルに泊まっていたフランスからきていた3人組

2枚板を収納できるハードケースをこっちで買ったので彼らにプレゼントしました

すごくナイスガイな連中でした。

 

 

つづく

 

 

東京で内装工事 店舗内装ならINTER FUTUREへ

 

 

 

PAGE TOP